<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.06.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ヘンプ(麻)コードレーンのサイクルキャップ

こんにちは!

白猫屋の番頭しろです。

 

新作のサイクルキャップの紹介です!

 

製作するとすぐに、SNSで繋がる友人たちが購入してくれるので、

なかなかお店に並ぶ暇のない人気のヘンプ(麻100%)コードレーンのサイクルキャップが

入荷しました。

 

白猫屋ヘンプサイクルキャップ・コードレーン

 

白猫屋ヘンプサイクルキャップ・コードレーン

 

丈夫なのに、とても薄くて、汗をかいてもすぐに乾きます。

手ぬぐいのサイクルキャップとは一味違う風合いです!

 

商品は、白猫屋ショッピングサイトからご購入できます。

 

フリーサイズですが、頭が大きくて市販のサイクルキャップでは合わない・・・

そんな方には、オーダーメイド製作も受けていますので、ぜひお問い合わせください。

 

お問い合わせは、こちらのフォームから⇒ 白猫屋お問い合わせ

 

 

 

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

 

 


ヘンプ(麻)のサイクルキャップ

こんにちは!

白猫屋の番頭しろです。

 

ヘンプのサイクルキャップ、被ったことありますか?

麻から生まれた生地は、日本の気候にも合っていて、

日本では、大昔はたくさん栽培されて、着物などにも使われていました。

「麻」って付いてる地名も多いですよね。

 

白猫屋では、1年中ヘンプ生地を使ったサイクルキャップを製作して販売しています。

是非チェックしてみてください♡

ヘンプサイクルキャップ,白猫屋

 

余談ですが、

ほかにはヘンプ(麻)からどんな製品が作られるのでしょうか。

 

ヘンプからは紙もできます。
現存する最古の紙は約2,100年前のヘンプ(大麻)紙です。ヘンプは1年草で毎年収穫できるので、同じ面積で木材の4倍程度の紙パルプを作れます。

 

化粧品や生活用品もできます。
ヘンプの種子のオイルからシャンプー、石けん、スキンケア製品を作ることができます。

 

それから住宅用建材もできます。
上部で長い茎の繊維を固めるとコンクリートより強度があり、軽量で断熱性の高い建材になります。

 

なんとプラスチックもできます。
茎のセルロースから微生物に分解されて土にかえる生分解性プラスチックをつくれます。

その他、エタノールなどのエネルギー、医療用などにも使われています。

 

興味のわいた方、ぜひともヘンプが原材料の製品をチェックしてみてください。

ヘンプのサイクルキャップのお買い求めは白猫屋でお待ちしております。

 

(参考資料: ヘンプがわかる55の質問〜ヘンプ(大麻)の基礎知識)

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


新作・手ぬぐいサイクルキャップ 紋銭

白猫屋の番頭しろです!

ポタリングには気持ちの良い季節。新緑が美しいですね〜

今年も、ぽつぽつと、持込みの手ぬぐいでサイクルキャップを作って欲しいと

お客さまからのオーダーが入っています。

 

白猫屋のサイクルキャップは、パターンはもちろんオリジナルですが、

手ぬぐいの柄を一番にこだわっています。

 

旅先や初めてのお店などで見つけた”手ぬぐい”を集めて、

時間をかけて柄とパターンを考えながら裁断して製作しています。

 

今回見つけた手ぬぐいは、北欧風の柄にも見えますが、日本古来の紋銭柄で、美しい色合いの手ぬぐいです。

数点しか製作できませんので、もし気に入って頂けたらお早目に白猫屋でお買い求めくださいね。

 

サイクルキャップ紋銭

サイクルキャップ紋銭

 

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


Pendleton ウールサイクルキャップ

 

白猫屋の番頭しろです!

1月もあと数日となってしまいました(汗)

旧暦では、今日が大晦日。明日がお正月だそうです。

2017年も白猫屋をどうぞよろしくお願いします。

 

さてさて、

白猫屋の新作1点目サイクルキャップはウール製です。
ウールサイクルキャップ

ウールサイクルキャップ
 

今年のモデルでは超薄い裏地を貼りました。1点モノの製作です。

ウールサイクルキャップ

 

米国ペンドルトン社が1960年代に製造した100%ウールのシャツをアップサイクル。

Pendleton サイクルキャップ

 

いつも少量生産で申し訳ございませんが、サイクルキャップに生まれ変わったビンテージな味わいをよろしくお願いします。

 

白猫屋でお待ちしています。

 

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


手ぬぐいサイクルキャップ・Peace

 

白猫屋の番頭しろです!

手ぬぐいのサイクルキャップが、

じわじわと人気で、別注のオーダーもたくさん頂くようになりました。

ありがとうございます。

手ぬぐいは、季節によって柄も変わるし、

気に入ったので次に仕入に行くともう在庫がない事も度々です。

この白い鳩の柄の手ぬぐいも、そんな1枚です。

平和のシンボルなので、Peaceという名を付けました。

手ぬぐいサイクルキャップ
 

お買い求めは、白猫屋ショッピングサイトで!

よろしくお願いします。

 

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


ヘンプ100%シャンブレー サイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです!
白猫屋の定番となったサイクルキャップ、これはクリエイターが素材からこだわり手作りしています。
大量生産・大量消費を嫌い、時代にやや逆行するライフスタイルを志向しておりますクリエイターの彼女。
物色してくる生地はベーシックでありながらも、なかなか面白いものばかり。感心します。

先月、個人的にちょっと気になる生地を買い付けてきました。

「シャンブレー」です。 シャンブレーというのはタテ糸に色糸、ヨコ糸に晒糸(白糸)を使った平織り生地のこと。

コットン素材のものはよく見かけるのですが、ヘンプ(麻)100%のシャンブレーは珍しいですね。

そんなシャンブレーでサイクルキャップを作りました。

デニムのようなインディゴブルー系カラーが良い感じです。

麻とシャンブレー、それぞれの持つ光沢感が独特の風合いを創り出しています。

出来上がったキャップを昨日、お店に出したのですが、すぐにお買い求めいただきました。ありがとうございました。

本日さっそく追加で製作。

お店に並べましたので、ご縁がございましたら、よろしくお願いします。

商品の詳細はこちらからどうぞ。

 

「ヘンプ100%シャンブレーサイクルキャップ」

 

ヘンプサイクルキャップ

Webサイト:555nat.com もよろしくお願いします(=^・^=)

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般


ウールのサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです(*Ф∇Ф)ノ
 
今年もウールのサイクルキャップが入荷しました!

少し寒くなって、自転車に乗っていると頭が風邪をひいてしまいそうなこの季節。

ウールサイクルキャップは必需品です。

▼赤が美しいサイクルキャップの生地は、
1960年代のPendleton/ペンドルトン社のウール素材を使用。
ウール サイクルキャップ 白猫屋
ウール サイクルキャップ 白猫屋

▼フォレストグリーンとグレーのチェックは、織ウール素材です。
ウール サイクルキャップ 白猫屋
ウール サイクルキャップ 白猫屋

どちらも手洗いが可能です。

数に限りがありますので、ぜひお早めにお求めください。
お求めはコチラ→ 白猫屋ショッピングサイト

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

麻の葉 てぬぐいサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです(*Ф∇Ф)ノ
ヘンプのサイクルキャップに続き、てぬぐいで作ったサイクルキャップが続々入荷しています。

この間、注染てぬぐいについて説明しましたが、

日本の風土にも合ったてぬぐいは、サイクルキャップにしても、風通しが良くて涼しく被り心地が良いのです。

お洗濯をしても、すぐに乾きます。

今日はそんなてぬぐいの中から1つ紹介。

麻の葉模様のてぬぐいです(^^)



麻は、古くから日本の生活に根付き、欠かせない植物。その葉の模様は、子供の健康を願ってよく使われていたそうです。

お買い求めは、白猫屋ショッピングサイトでどうぞ♡

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

注染てぬぐいからサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです(*Ф∇Ф)ノ コンニチワ
ブログがすっかり放置状態でした(汗)
白猫屋では5年以上前から、てぬぐいからサイクルキャップを手作りしています。
いろんなてぬぐいに出会い、それぞれ味のあるサイクルキャップが出来上がっていますが、
やっぱり注染のてぬぐいは最高です!

風合いが違います!!

注染の特長は表裏が無いこと、染料が糸に浸透することでプリントとは違う深みがあり手わざを感じる世界で唯一の加工方法だそうです。

今年も、注染てぬぐいをコツコツと探し求めました。
▼今年の柄はこんな感じです。
注染手ぬぐい
注染手ぬぐい
このてぬぐいから、サイクルキャップが続々と出来上がってきています。
手作りで、一点〜二点しか作れないサイクルキャップ。
お気に入りがありましたら、お早めにオーダーください。お待ちしています。

お求めは、白猫屋ショッピングサイトでどうぞ!

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

1960sビンテージウール・ワトソンサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです♪

今日は、まだまだ寒い日が続いているので、心も温かくなるウールのサイクルキャップをご紹介します! 

この1960年代ビンテージウールで作ったサイクルキャップの事を、何となく柄の雰囲気で『ワトソンキャップ』と呼んでいます。
ウールサイクルキャップ

1960年代のPendleton/ペンドルトン社のウール素材のなかでも珍しいタッタ―ソールの柄です。ざっくりした素材感を生かす1枚ものの仕立てとなっています。

ワトソンキャップ(タッタ―ソールのウール素材サイクルキャップ)のデザインは「3パネル」と「4パネル」です。

紹介記事を準備しているあいだに、ワトソンサイクルキャップは売れてしまいました^^;
他の色のウールサイクルキャップもありますので、ご覧ください。

1点売れると在庫がなくなってしまうというのがハンドメイド1点もの生産体制の弱点となっており、皆さんいご迷惑をおかけすることも度々です。

このタッターソールのビンテージウール生地から、あと2枚ほどキャップ制作ができそうですので、追加制作を予定しています。

1960年代ビンテージウール・ワトソンキャップのお買い求めは当社インターネットショッピングサイトでよろしくお願いします。 → 白猫屋ショッピングサイト

ウェブサイトも更新中です → 555nat.com


search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM