<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2018.06.14 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ダールブラックのメッセンジャーバックル入荷!

こんにちは!

白猫屋の番頭しろです(=^・^=)
白猫屋では、メッセンジャーバッグを作るために必要な、最低限のパーツを揃えています。
バックルもその1つですが、黒いバックルはありませんかー?
と、時々お問い合わせがあります。

そして、あるパーツ加工屋さんの紙箱の奥に眠っていたのが、何とも味わい深い”ブラックメッキ”のバックルでした。

メッセンジャーバックのバックル

「ダールブラック」という黒いメッキです。

これはスチール素材のバックルに厚塗りの銅メッキを施した後、その上にススのような艶なしブラックをさらにメッ キします。このメッキは昔から行われている手法です。塗装による光沢のある黒とは違いしっくり金属に馴染んだ黒がとても良い雰囲気です。

ダールブラックのバックルは長く使っていくうちにジーンズのデニム素材のように色落ちがあります。アタリ(摩擦)による色落ちなので独特の風合いが楽しめ るはずです。ただし、明るい色のテープや生地と組み合わせた製品ですと、バックルと強く擦れたり何度もあたったりすると色移りが発生しますので素材選びに 注意が必要です。

ダールブラックのバックルを少量ですが店頭に並べました。

お買い求めはインターネットショッピングサイト白猫屋でどうぞ。

本当に申し訳ありませんが、少数しか在庫がありませんのでお早めに!

JUGEMテーマ:ハンドメイド

2mmリフレクトコード新色入荷です♪

みなさん、こんにちわ(*Ф∇Ф)ノ
白猫屋の番頭しろです!
白猫屋の定番、リフレクトコードの2mmに新色が加わりました。

2mm、身近なものにけっこう使えます。

コードエンドもご一緒にどうぞ。

リフレクトコード

お求めは、白猫屋ショッピングサイトで!

 
JUGEMテーマ:生活安全

SSWC2015オフロード自転車シングルスピード世界選手権大会へ協賛!

 白猫屋の番頭しろです^m^
2015年10月10日、11日の2日間の日程で長野県白馬村「白馬岩岳スノーフィールド」で、SSWC2015シングルスピード(無段変速)のワールドチャンピオンシップ世界大会が行われました!
SSWC
 
ナットアンドカンパニー/白猫屋は協賛し、お店も出店してきましたよ♪
SSWC
外国人もたくさん参加していたワールドクラスの大会に、白猫屋の商品初デビューです(笑)

のんびりした大自然の中で開催される自転車大会は、草レースの雰囲気もあり最高でした!

お店にふらっと寄ってくれるお客様に人気だった、注染手ぬぐいのサイクルキャップ。

外国人の方たちにたくさん買って頂きました。

SSWC 白猫屋SSWC 白猫屋
ありがとうございます!
こんなリアルショップなら、毎日でも開きたい番頭です(*Ф∇Ф)ノ

手ぬぐいサイクルキャップなど、各種サイクルキャップを揃えていますので、
お店覗いて下さいね。

白猫屋ショッピングサイト
JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

ウールのサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです(*Ф∇Ф)ノ
 
今年もウールのサイクルキャップが入荷しました!

少し寒くなって、自転車に乗っていると頭が風邪をひいてしまいそうなこの季節。

ウールサイクルキャップは必需品です。

▼赤が美しいサイクルキャップの生地は、
1960年代のPendleton/ペンドルトン社のウール素材を使用。
ウール サイクルキャップ 白猫屋
ウール サイクルキャップ 白猫屋

▼フォレストグリーンとグレーのチェックは、織ウール素材です。
ウール サイクルキャップ 白猫屋
ウール サイクルキャップ 白猫屋

どちらも手洗いが可能です。

数に限りがありますので、ぜひお早めにお求めください。
お求めはコチラ→ 白猫屋ショッピングサイト

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

麻の葉 てぬぐいサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです(*Ф∇Ф)ノ
ヘンプのサイクルキャップに続き、てぬぐいで作ったサイクルキャップが続々入荷しています。

この間、注染てぬぐいについて説明しましたが、

日本の風土にも合ったてぬぐいは、サイクルキャップにしても、風通しが良くて涼しく被り心地が良いのです。

お洗濯をしても、すぐに乾きます。

今日はそんなてぬぐいの中から1つ紹介。

麻の葉模様のてぬぐいです(^^)



麻は、古くから日本の生活に根付き、欠かせない植物。その葉の模様は、子供の健康を願ってよく使われていたそうです。

お買い求めは、白猫屋ショッピングサイトでどうぞ♡

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

注染てぬぐいからサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです(*Ф∇Ф)ノ コンニチワ
ブログがすっかり放置状態でした(汗)
白猫屋では5年以上前から、てぬぐいからサイクルキャップを手作りしています。
いろんなてぬぐいに出会い、それぞれ味のあるサイクルキャップが出来上がっていますが、
やっぱり注染のてぬぐいは最高です!

風合いが違います!!

注染の特長は表裏が無いこと、染料が糸に浸透することでプリントとは違う深みがあり手わざを感じる世界で唯一の加工方法だそうです。

今年も、注染てぬぐいをコツコツと探し求めました。
▼今年の柄はこんな感じです。
注染手ぬぐい
注染手ぬぐい
このてぬぐいから、サイクルキャップが続々と出来上がってきています。
手作りで、一点〜二点しか作れないサイクルキャップ。
お気に入りがありましたら、お早めにオーダーください。お待ちしています。

お求めは、白猫屋ショッピングサイトでどうぞ!

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

1960sビンテージウール・ワトソンサイクルキャップ

白猫屋の番頭しろです♪

今日は、まだまだ寒い日が続いているので、心も温かくなるウールのサイクルキャップをご紹介します! 

この1960年代ビンテージウールで作ったサイクルキャップの事を、何となく柄の雰囲気で『ワトソンキャップ』と呼んでいます。
ウールサイクルキャップ

1960年代のPendleton/ペンドルトン社のウール素材のなかでも珍しいタッタ―ソールの柄です。ざっくりした素材感を生かす1枚ものの仕立てとなっています。

ワトソンキャップ(タッタ―ソールのウール素材サイクルキャップ)のデザインは「3パネル」と「4パネル」です。

紹介記事を準備しているあいだに、ワトソンサイクルキャップは売れてしまいました^^;
他の色のウールサイクルキャップもありますので、ご覧ください。

1点売れると在庫がなくなってしまうというのがハンドメイド1点もの生産体制の弱点となっており、皆さんいご迷惑をおかけすることも度々です。

このタッターソールのビンテージウール生地から、あと2枚ほどキャップ制作ができそうですので、追加制作を予定しています。

1960年代ビンテージウール・ワトソンキャップのお買い求めは当社インターネットショッピングサイトでよろしくお願いします。 → 白猫屋ショッピングサイト

ウェブサイトも更新中です → 555nat.com

Vintageウールジャージのサイクルキャップ

白猫屋では、麻素材や手ぬぐいでサイクルキャップを製作していますが、
この寒い時期にはやっぱりウールです。
1970年代のビンテージ・ペンドルトンウール素材をサイクルキャップに仕立てました。
中でも、ペンドルトン社のウール100%素材ではめずらしいジャージ織のサイクルキャップもできました。
とくに1960年代〜1970年代のウールはとっても軽く、しなやかです。

ウールサイクルキャップ

キャップのデザインはベーシックな3パネルと4パネルでい1点ずつ制作。
3シーズンの着用を想定して1枚ものにしました。
サイズは、自転車仲間からのご要望が多かった「チョイ大きめ」です。
自分の頭の大きさとキャップの寸法をご確認くださいね♪

ウールサイクルキャップ

キャップ制作は我社のヒッピークリエイターのハンドメイドによる1点ものです。
ご縁がございましたらよろしくお願いします。
お買い求めは当社インターネットショッピングサイトで。

白猫屋ショッピングサイト

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般

ミッドセンチュリー星条旗バンダナ

白猫屋の番頭しろです!

20年くらい前になるでしょうか。ときどき顔を出していた馴染みのミッドセンチュリーのお店が隣の町にあったんですよ。

ある日訪ねるとお店の片隅に大きな反物のロール。店主に聞くと家具と一緒にアメリカから仕入れた星条旗(星部分)の生地だって教えてくれました。
触ってみるとアメリカンコットン独特の乾いたザラツキがあってアメリカの香りが漂ってきました。
星は白く染め抜いてあって、周りの紺色は藍が良い感じで色落ちしたような何とも言えない色合いと風格。

そんな美しいデッドストックの星条旗用の生地が気に入って、ロールごと譲ってもらいました。
そのロールから大切に切り出して、バンダナにしたものがこの商品です。
星条旗 バンダナ

生地の在語が減っていき、最後の4枚となりました。
サイズは69×69センチです。

星条旗 バンダナ
寒い日が続いてます。
みなさん、風邪やインフルエンザに負けない免疫力を付けてくださいね!
JUGEMテーマ:古道具・雑貨

サイクルキャップのカスタム・オーダー

白猫屋の番頭しろです!

遅くなりましたが、昨年は北海道から沖縄までたくさんの方にご利用いただきありがとうございました。
2015年もよろしくお願いいたします。

昨年11月、お客様のメールがスパムフォルダーに入っていて、焦ったことがありました。
手ぬぐいからサイクルキャップを作る、カスタム・プログラムのブログを見ていただいた方、NKYSさんからの問い合わせメールでした。そのことに気がついたのが何と1か月も経過した12月のことでした。
本当に申し訳ありません(>_<)

大急ぎメールを返信。メール返信がとてつもなく遅れてしまったことを丁寧に詫びました。もし立場が逆だったらと考えるとどんな言い訳も通用いたしません。

大阪在住のNKYSさんは気の長い心優しき自転車愛好家でした。イベントでもらった参加賞の手ぬぐいでサイクルキャップを制作するカスタム・オーダーを引き受けました。

さて、打ち合わせはどうしようか。そんなことを思っていたら、NKYSさんが年末休みに上京するというお話し。お会いしてカスタム・オーダーの打ち合わせをすることになりました。

打ち合わせは膝と膝をつけあわせて、サンプルを見ていただいたり、希望をお聞きしたり。どんなサイクルキャップにしようかという相談がスムーズに進みました。依頼人、NKYSさんの充実した自転車ライフもいろいろお聞きできました。実際に会ってお話しするのは楽しいですね。

年明け早々、サイクルキャップを制作。カスタム・オーダーの希望をクリエイターに伝えたところ、手際良く仕上げてくれました。ツバを5ミリ大きくするサイクルキャップのスペシャル・オーダーはスポーティな雰囲気の仕上がりです。ひとつひとつデザインが違う1点モノというのがカスタム・オーダーのいいところですね。

サイクルキャップ
サイクルキャップ

大阪のNKYSさん、ご注文ありがとうございました。

サイクルキャップやサコッシュのカスタム・オーダーにご興味がある方は、
555nat.comのサイトからお気軽にご連絡ください(*^^*)
コチラのフォームからもどうぞ。 555natウェブサイト・コンタクト

JUGEMテーマ:じてんしゃ全般
 


search this site.

profile

categories

selected entries

archives

links

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM